BLOG

【高崎市の痛くない整体】肩こりが寒い朝に辛い場合は?

2019/01/22
暖炉

【高崎市の痛くない整体】肩こりが寒い朝に辛い場合は?


おなかに手で触れるだけで回復力を引き出し、活力に満ちた体をつくる整体師、高崎市の整体『群馬双龍門整体院』の福島健二です。


朝起きると、肩こりがあって、体がだるい。


特に冬になって寒くなると、肩こりや体のだるさがキツくなるという場合は、寒さが体のツラさの原因になっています。


筋肉は寒さから体を守るため、こわばらせて体温が下がるのを防ごうとする機能があります。


なので、どうしても冬の寒い時期は、筋肉がこわばりやすくなります。


そして筋肉の他にも寒さの影響を受けやすい部分が体にはあるんですね。


それはどこかというと、、、

 

 

■寒さによって影響を受けやすい部分は?

 

 

中医学では寒さや暑さが体調の変化を及ぼすと考えていて。


冬、寒くなってくると一番影響を受けやすいのが、【腎(じん)】と言われる部分。


【腎(じん)】は腎臓・膀胱などのことを表した総称になっています。


例えば、寒くなるとトイレが近くなりますよね?


これは【腎(じん)】が寒さの影響で、冷えたことによって起こっています。


で、【腎(じん)】と関係している筋肉もありまして。


それが体の後ろ側の筋肉。


足の小指から始まって、ふくらはぎ、裏もも、お尻、腰、背中、脇の下、肩、首、後頭部、頭頂部、目のきわまでつながっています。


体の中で一番大きな部分を占める筋肉で、肩や首ともつながっているので、【腎(じん)】が寒さの影響を受けて冷えると、肩こりや腰痛が起こりやすくなるんです。


冬の朝って寒いじゃないですか。


首と肩って布団の外に出ていることが多いので、冷えやすいんですよね。


それで朝起きた時に、肩こりがツラくなるっていうケースがあります。


あと【腎(じん)】が冷えると体のだるさも増すんです。


なんでかというと、、、

 

 

■腎が冷えると体がだるくなる

 

 

【腎(じん)】って体の中の水の代謝もやっています。


なので、【腎(じん)】が冷えちゃうと、体の水分代謝が悪くなるんです。


寒くなると足がむくみやすくなることってないですか?


それは【腎(じん)】が冷えて、体の中の水分代謝が悪くなったことが原因。


足のむくみがあると、やっぱり肩こりもツラくなりやすい。


足のむくみと肩こりってセットになっていることが多くて、根本的に改善するには、【腎(じん)】の状態を良くしていく必要があるというわけなんです。


じゃあ、どうすればいいのかっていうと、、、

 

 

■腎の状態を良くして肩こりを解消するには?

 

 

【腎(じん)】の状態を良くするには、体を冷やさないようにすることが一番簡単な方法です。


体を温めるってことですね。


サウナ行ったり、温泉行ったりして体を温めるのもいいですし、体が冷えないように防寒することも大事です。


特に足元が冷えないようにするのが大事。


寒くなるとどうしても足先って冷たくなりますよね?


そこから寒さが体に入ってくることが多いんです。


なので、内くるぶしの後ろ(アキレス腱の方)にちっちゃいカイロを貼るのも、【腎(じん)】が冷えるのを防ぐことがでいます。


今回は寒くなってきて、肩こりがツラくなる場合の対策になりますので、参考にしていただければと思います。

 

 

筋トレ・ランニング・食事量制限なしで若々しい体を作る方法はこちらから

 

 

体のご相談はLINEでも受け付けています。
LINEのご登録は下のボタンをクリックして、
表示されるページからご登録ください。
↓↓↓

LINE登録ボタン