BLOG

高崎市の整体で肩こりを改善したい女性へ。肩こりになりやすい人の3つの特徴とは?

2019/01/01
新年

高崎市の整体で肩こりを改善したい女性へ。肩こりになりやすい人の3つの特徴とは?


手で触れるだけで回復力を引き出し、活力に満ちた体をつくる整体師、高崎市の整体『群馬双龍門整体院』の福島健二です。


肩こりって肩の筋肉が硬くなることで起こるって言われてます。


その原因は血行不良だけではなく、、、他にもあります。


と、今回は体のお話しになりますので、興味のない方はスルーしてください。

 

 

■肩こりになりやすい人の特徴

 

 

肩こりになりやすい人には共通した特徴があります。


今回は姿勢から見た肩こりになりやすい人の特徴をまとめてみました。

 

1、巻き肩


巻き肩とは肩が前に出ている状態です。イメージ的にはゴリラですね。肩が前に出るので、肩甲骨が外側にズレる傾向があり、肩甲骨周りの筋肉が伸びきって硬くなることで、慢性的な肩こりになりやすいです。


2、猫背

猫背は背中が丸まった状態。体が前傾するため、背中の筋肉が伸び、体の前の筋肉が緊張している状態です。背中が丸くなるので、首が前に出やすくなり、首の筋肉の緊張から肩こりが起こりやすくなります。


3、反り腰

骨盤が前傾して腰が大きく反った状態。お腹を大きく前に突き出した状態になるため、ぽっこりお腹にもなりやすくなります。妊娠を経験した女性に多く、慢性的な腰痛も起こりやすくなります。

 

 

■姿勢の崩れから肩こりが起こるのか?

 

 

肩こりの原因として、姿勢の崩れを言われる場合が多いですが、筋肉や骨のズレだけが肩こりの原因ではありません。


例えば、猫背の場合。


背中が丸くなって伸び、体の前側の筋肉が縮んだ状態になりますが、背中側の筋肉は腎臓や膀胱と関係しているし、体の前側の筋肉は脾臓や胃といった消化器に関係しています。


猫背という姿勢を見ただけでも、腎臓や消化器に異常が起こっていることがわかるんですね。


なので、姿勢の崩れって内臓からくるものもあるってことです。


普段の生活習慣で前傾姿勢になることが多いから、猫背になるってこともありますが、消化器の状態が弱って、猫背になるという反対のルートもある。


どちらが先かという話になりますが、体は一つになって動いているので、相互に関係しあい、姿勢が崩れることで、内臓の状態が悪くなるということも、その逆もあるので、そこをしっかり見極める必要があります。


もし姿勢の崩れが内臓から来ているものであれば、姿勢を矯正しただけでは本当の解決にはなりません。


姿勢だけを改善しようとしてしまうと、他のところに歪みが出て、肩こり以外のコリや痛みが出ることもありますので、検査してから改善に取り組むことが大事になりますよ。

 

 

体のご相談はLINEでも受け付けています。
LINEのご登録は下のボタンをクリックして、
表示されるページからご登録ください。
↓↓↓

LINE登録ボタン